タクシーの「流し」とは?流し営業で効率的に稼ぐコツ

公開日: 2024/02/15
タクシーの「流し」とは?流し営業で効率的に稼ぐコツ

タクシーの「流し」という言葉を聞いたことはありますか。流し営業は、タクシー運転手にとって重要なテクニックのひとつです。効率的に稼ぐためには、流しのポイントや戦略が必要です。この記事では、流しの基本から上級テクニックまで、効果的な流し営業のコツを紹介します。タクシー運転手の皆さんに、ぜひお役立ていただければ幸いです。

タクシーの「流し」とは何か?

タクシーの「流し」とは、タクシーの営業方法のひとつで、日本のタクシー業界において広く使用されている用語です。タクシーの運行方法には大きく分けて3つの主要な方法があり、それぞれ「流し」「無線配車」「付け待ち」と呼ばれています。ここでは、流しに焦点を当てて説明します。

流しは、タクシーが道路を走行しながら、お客様を探す営業方法を指します。この方法では、タクシーが特定の待機場所に止まる必要がなく、法律や条例で禁止されていない限り、ほぼどこでも乗客を拾うことができます。

流しの特徴的な点は、タクシー運転手が積極的に街を巡回し、乗客を見つけ出す姿勢にあります。流しメリットは、待機場所に縛られず、需要の高いエリアや時間帯に柔軟に対応できることです。

このように、流しはタクシー業界において重要な営業方法のひとつであり、成功するためには地理知識やコミュニケーションスキル、効率的な運転スキルが必要です。流し運転手は、街の流れを読みながら、乗客のニーズに応えるために日々努力が必要でしょう。

成功するためのドライバーの心構え

タクシーの流し営業をするための心構えについて紹介します。

お客様第一

お客様の安全と快適さを最優先にしましょう。礼儀正しさや笑顔、親切な態度が大切です。

地理知識

地域の道路や観光スポットにくわしくなることが大切です。GPSを活用しながらも、地理的な知識を高めましょう。

車両のメンテナンス

タクシーは安全に保たれている必要があります。定期的な点検と保守を怠らず、清潔に保つよう心掛けましょう。

交通法規の遵守

交通ルールと法律を守ることは必須です。速度制限や駐車規則を守り、安全運転を心がけましょう。

顧客対応

お客様の要望や質問に対して丁寧に対応しましょう。コミュニケーション能力が重要です。

フェアな価格設定

適切な料金を設定し、詐欺行為を避けましょう。メーターを正確に使用し、途中で追加料金を説明が大切です。

安全対策

夜間や過激な天候条件での運転に備え、安全対策をしっかりと取りましょう。防犯カメラの設置などが考えられます。

競争力を維持

競合他社が存在する場合、サービスの質を高め、お客様に選ばれるように努力しましょう。

これらの心構えを実践することで、タクシーの流し営業で成功する可能性が高まります。また、地域の需要や市場動向にも注意を払い、ビジネスを発展させる努力を怠らないことも重要です。

流し営業で成功するためのコツ

タクシーの「流し営業」は、成功するためには戦略と工夫が必要な営業方法です。以下に、流し営業で成功するためのコツを紹介します。

人の多い場所で車を走らせる

人が多いエリアでタクシーを走らせることは、乗客を見つける第一歩です。繁華街、ショッピングモール、観光地など、人の流れが多い場所を重点的に巡回しましょう。

電車が止まったときは駅に向かう

流しの際には、交通情報をラジオなどで常に確認し、電車の運行が事故や急な点検などで止まった場合、近くの駅に迅速に向かいましょう。そして、駅前で待機し、乗客を迎え入れるチャンスを逃さないよう心掛けましょう。これにより、需要の高まるタイミングでの乗客の獲得が可能となります。

イベント情報は欠かさずチェック

流し営業の成功には、イベント情報の把握が不可欠です。その日おこなわれるイベント情報を確認し、それに合わせて戦略を練ることが大切です。ライブ、スポーツ試合、演劇など、各種イベントのスケジュールを把握し、とくにイベント前後の時間帯に人通りの多い道路で流し営業をおこなうことで、需要に応じた効果的な営業が可能となります。

流しでは左に曲がる

流しの際には、できるだけ左に曲がることがおすすめです。これは日本の車が左側通行なためです。歩行者に近い位置から乗客を拾え、安全かつスムーズな乗車が可能です。

時間帯を意識する

時間帯を意識することも重要です。朝の通勤ラッシュやレジャーシーズンなど、需要が高まる時間帯に積極的に営業すると、収益を増やしやすくなります。

これらのコツを実践することで、流し営業での成功率を向上させることができます。ただし、地域や競合状況によって適切な戦略は異なるため、常に状況を把握し、柔軟に対応することが求められます。流し営業のプロとして、乗客の利便性を考えながら、効率的な営業を心掛けましょう。

まとめ

「流し」とは、タクシーが走行しながら乗客を探す営業方法です。成功するためには、ドライバーの心構えとコツが大切です。流しの基本概念を理解し、法律に従いながら安全に乗客を拾うことが肝要です。また、需要の高まる場所や時間帯を把握し、電車運行情報を確認して駅に向かうなど、戦略的なアプローチが必要です。時間帯を意識し、効果的なルートを選択することも成功の鍵です。

タクシーの流し営業は、これらの要素を組み合わせて、効率的かつ収益性の高い営業をおこなう方法です。成功するためには、ドライバーがこれらの心構えとコツを身につけ、日々の業務に活かすことが大切です。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社