タクシー会社への就職・転職には保証人が必要?

公開日: 2023/11/02
タクシー会社への就職・転職には保証人が必要?

タクシー会社に就職または転職する際は、保証人を求められるケースが非常に多くなります。では、保証人が建てられないとタクシー会社には就職できないのでしょうか。この記事では、タクシー会社に就職する際の保証人の必要性、保証人の主な役割、保証人を建てられない場合の対処法などについて詳しく解説していきます。

保証人の必要性とは

タクシー会社へ就職する際に保証人が必要とされることが多いのには、主に2つの理由があります。

1つめは、採用するドライバーが信頼のおける人物であることを客観的に証明するためです。タクシードライバーは人の命を預かる仕事です。また、金銭のやり取りや保管なども基本的にはドライバーに任せられることになります。大きな責任をともなう仕事であるがゆえに、採用する会社側としては会社に大きな損害をもたらさない信頼のおける人物であることを採用のポイントにするのです。

2つめは、ドライバーに責任感をもたせ、怠惰な勤務態度を防止するためです。タクシー会社の保証人制度は、保証人が金銭面での担保になるというのも事実です。ただ、どちらかいえばドライバーの人間性を客観的に確認し、気持ちを引きしめるための制度だといえます。

保証人の役割とは

ここからは保証人の主な役割を3つ紹介します。

ドライバーの大きなケガなどに対応すること

1つめは、ドライバーが就業中にケガをした時などに対応することがあげられます。ドライバーは車に人を乗せるのが仕事です。そのため、ささいなミスでも人命に影響する事故につながる可能性は避けられません。

しかし、ドライバーが自分では受け答えができないほどの大ケガを負ってしまった時にタクシー会社だけで対応するのは困難です。また、集中治療室には基本的に家族などの身内でないと入れないという決まりがあります。

つまり、ドライバーが不慮の事故にあった際や、大きなケガを負ってしまった際に身元を確認し、適切な対応することが保証人の大きな役割だといえるでしょう。これは、いわゆる身元保証人という役割です。

トラブル発生時にドライバーの所在を確認する役割

2つめは、トラブル発生時にドライバーの所在を確認する役割です。ここでいうトラブルとは先述した不慮の事故のことではありません。

ドライバーの無断欠勤が続く場合や、大きな事故などによって会社に損害を与えたのにもかかわらず本人に連絡がつかない場合などのことを指します。このような時は、保証人がドライバーの所在を確認する役割を担うことがあります。

金銭面での担保となること

3つめは、金銭面での担保となることです。タクシードライバーは、日々金銭を扱う仕事であり、現金の管理も含めてドライバーが責任を持って職務にあたらなければなりません。

また、一般的にタクシー会社は、就職したドライバーに対して第二種免許を取得する費用や入社支度金など、さまざまな金銭的サポートを行います。しかし、なかには売上に貢献する前に退職してしまい、ドライバーがタクシー会社に返金しなければならないケースも発生します。

他業種と比べると金銭面でのトラブルが発生しやすい職種であるがゆえに、タクシー会社は金銭面での担保の意味をこめて保証人を求めることが多くなるのです。ここでの保証人の役割は、いわゆる連帯保証人としての役割だといえます。

保証人を建てられない場合

では、保証人を建てられない場合にはどうすればよいのでしょうか。ここでは、そもそもどのような人が保証人になれるのかと、保証人が建てられない場合の対処法について紹介します。

どのような人が保証人になれるのか?

タクシードライバーの保証人は、定職につき安定した収入を見込める人であれば基本的に誰でもなれます。ただ、一般的には3親等内の親族が望ましいとされ、実際に親族が保証人になっているケースが大半だとも言われています。

ここで注意しなくてはならないのは保証人制度の年齢制限です。この年齢制限は会社によって異なりますが、一般的に65歳以上の人は保証人になれないケースが多いとされています。一方、友人や知人も保証人にはなれますが、定職の有無や安定した収入に加えて、きちんと連絡を取れる人かどうかも大切なポイントとなります。

保証人が建てられない場合の対処法

ここからは、保証人が建てられない場合の対処法を紹介します。方法は大きく分けて2つあります。

1つめは、保証人代行サービスを利用することです。このサービスは、決められた金額を支払うことで保証人と同じ役割を保証会社が担ってくれるというものです。

2つめはタクシー会社に相談することです。保証人制度はドライバーを守る制度であると同時に、会社側が安心してドライバーを雇用するための制度でもあります。そのため、面接などの機会に誠意をもって事情を伝え信頼できる人物だと思ってもらえれば、保証人がいなくても例外的に採用してもらえるケースがあります。

また、タクシー会社が保証人代行サービスを紹介してくれるというパターンもあるので、困った時はまず相談するとよいでしょう。さらに、中小規模の会社であれば、身元保証人がいれば連帯保証人は不要というとこともあるので、キャリアアドバイザーなどに相談するのもおすすめです。

まとめ

タクシー会社を就職先として検討する際、保証人制度が気になる人は多いと思います。この記事では、タクシー会社に就職する際に求められる保証人の必要性、保証人の主な役割、保証人を建てられない場合の対処法などについて詳しく解説しました。

保証人というとなんとなくマイナスイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ドライバーの人間性を客観的に証明する役割や、大きなケガを負った際の身元引受人としての役割が大きいといえます。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社