地理試験は難しい?合格率や試験対策について解説!

公開日: 2023/11/02
地理試験は難しい?合格率や試験対策について解説!

タクシードライバーは未経験OK、学歴不問の場合が多く、タクシー業界未経験でも挑戦しやすい職業といえます。タクシードライバーは普通自動車第一種運転免許、普通自動車第二種運転免許を取得すれば働くことができますが、東京や神奈川などの指定された地域で働くには地理試験に合格することも必要です。今回は地理試験について解説します。

地理試験の難易度はどのくらい?

タクシードライバーは学歴不問なことが多いので、中卒や高卒の方でもチャレンジしやすい職業といえます。では地理試験はどれくらいの難易度なのでしょうか。都市部でタクシードライバーになりたい方は内容を確認してみてください。

地理試験って何?

そもそも地理試験とはどんなものなのでしょうか?地理試験は東京、大阪、神奈川の都市部が指定区域となっており、その地理の知識を確認するテストで、試験に合格しなければ指定地域で営業できません。東京、神奈川、大阪の各タクシーセンターで試験は行われ、ペーパーテスト方式となっており実技試験はありません。試験は年に1回しかチャンスがないというようなものではなく、ほぼ毎週開催しているので万が一試験に落ちてしまっても受け直すことができます。

地理試験の難易度は?

都市部でタクシードライバーとして稼ぎたいと考える方にとって、試験の難易度が気になるところではないでしょうか。地理試験の合格率は5割程度となっており、1回目で合格する方は多くないので、落ちてしまったらどうしようと不安になりすぎる必要はないでしょう。

タクシー事業に係る法令、安全及び接遇と当該指定地域に係る地理の2科目が実施され、8割正解していれば合格となります。片方の科目が合格の場合、次の試験の際に合格している科目は試験免除となります。

タクシー会社では試験費用を負担してくれる場合があるので、二種免許や地理試験をこれから受けなければいけない方は、タクシー会社の資格サポート制度にどんなものがあるのか確認して求人を探すとよいでしょう。

地理試験合格のための試験対策

試験の合格率が高くないとはいってもスムーズに合格したいですよね。合格のための試験対策について解説します。

試験の内容は?

試験内容としては、その地域の地理の理解が深いかをチェックするような内容になります。道路の名前や地名、公園や名所の名前などを答える問題が出題されますが、その地域の地理に詳しくなくても勉強すれば合格できます。考えたり計算したりといった問題ではなく暗記問題がメインなので、試験に落ちてしまっても何度か受験しているうちに正答率が上がってくるでしょう。

試験対策は?

地理試験の試験対策はどういったことをすればよいのでしょうか。暗記がメインなので、まずはその地域の地名をおぼえるとよいでしょう。幹線道路や交差点、施設などの名前をおぼえていきましょう。地図を見て暗記するのが難しい方は車を走らせて目で見ながらおぼえるなど自分に合った暗記方法を見つけてみてください。

暗記がある程度できたら過去の問題集をやるのがよいでしょう。タクシーセンターで購入できるため購入し問題集をやってみましょう。

地理試験を受ける際のポイント

タクシードライバーは学歴や職歴不問な場合が多いので、試験は苦手、しばらく試験は受けてないので受かるか不安という方もいるのではないでしょうか。地理試験に合格するためのポイントについて解説します。

あまりプレッシャーを感じる必要はない

合格率が5割程度なので、1、2回で合格できなかったからといって落ち込む必要はありませんん。しっかり暗記していけば合格できる試験なのでプレッシャーを感じずに試験を受けましょう。

都市部でタクシーを走らせているタクシードライバーは試験に合格しているということなので極端に難しいということはありません。平均的に5、6回受験するといわれているため、何度か落ちることを前提に考えつつしっかり試験勉強を進めましょう。

今後の営業に活かせると考える

試験というだけで拒否反応が出てしまったり苦手意識を感じてしまったりする方もいるでしょう。地理試験は合格だけを考えると暗記ばかりでつまらないと思うかもしれませんが、実際に都市部でタクシーを運転すると試験でおぼえた交差点や施設の名前が役立ったり、最短ルートを導き出すのに活用できたりするでしょう。

ただ試験に合格するためだけに勉強するのではなく、自分の稼ぎをアップするために必要な知識を勉強するのだと思えば勉強のモチベーションが上がるのではないでしょうか。なかなか勉強が進まないという方は先輩タクシードライバーに勉強方法を教えてもらうのもおすすめです。

まとめ

特定の都市部でタクシーを営業するには地理試験に合格しなければなりません。合格率が5割程度の試験なので、受からなかったらどうしようと不安になる方もいるでしょう。しかし暗記がメインなので難しい計算や長文で解答するといったことなないため、勉強が苦手な方でも少しずつおぼえれば合格できます。

かなりコアな地理の問題が出るので地方出身者だから不利ということもなく、不安になる必要もありません。タクシー会社で地理試験の試験費用を負担してくれる場合もあるので、気になるタクシー会社の福利厚生に入っているのかチェックしてみるとよいでしょう。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社