タクシー会社の面接でよく聞かれる質問や注意点

公開日: 2023/11/02
タクシー会社の面接でよく聞かれる質問や注意点

タクシードライバーへの就職・転職を考える際、面接は重要なステップです。面接での服装やマナー、重要なポイントを押さえて、就職・転職成功への第一歩を踏み出しましょう。この記事では、タクシー会社の面接でよく聞かれる質問や注意点について詳しく解説するので、参考にしてください。

面接でよく聞かれる質問

タクシー会社への就職・転職を考える際、面接は欠かせないステップです。面接でよく聞かれる質問について解説します。タクシー会社の面接で、間違いなく質問されるのが、運転の経験や違反歴についてです。

タクシー運転手は、乗客の安全を守りながら目的地に送り届けるのが仕事であり、安全な運転が求められる職業です。運転歴や違反歴については間違いなく聞かれると考えておきましょう。したがって、過去の運転経験で、長期間事故や違反がないのは大きな強みとなります。

しかし、事故は他のドライバーや歩行者の行動も関わることですので、ドライバーの努力だけで事故を完全にゼロにできません。ただ、運転特性や性格の問題で、事故率が高いドライバーと低いドライバーが存在するのも事実です。イライラしやすい人や、荒っぽい運転をする人は事故につながる可能性が高く、乗客に不快感を与える可能性があるため、面接では敬遠されてしまいます。

逆に、事故経験があっても、冷静な心を保ち、再発防止のために努力している人は、ふさわしい適性があります。事故歴がある方は、現在の安全運転への取り組みを熱心に語り、応募先のタクシー会社の理解を得ることも重要です。

次に、健康状態についてもよく聞かれます。タクシードライバーは乗客の命を預かる仕事です。そのため、大きな病歴や現在服用中の薬、体調不良がないかについて尋ねられることがあります。

タクシー業務は原則シフト制で、夜通し働く場合もあるため、健康状態は大事です。 タクシー会社では、内定を出す前に健康診断で検査があるため、受験する前に健康診断を行い、健康状態が悪くないか確認しておくのもおすすめです。

面接での重要なポイント

タクシー会社の面接において、重要なポイントを押さえておきましょう。面接における有利なアピールポイントとして、コミュニケーションスキルが挙げられます。

タクシー運転手は乗客とのコミュニケーションが不可欠です。しゃべり続ける必要はありませんが、人と接するうえで求められる基本的なコミュニケーションや接遇スキルは求められます。乗客を不安・不快にさせないための最低限のコミュニケーションスキルがあるかは、面接で見極められます。

面接官の質問に対し、小声でボソボソと返答する受験者は合格しません。このような受験者を採用し、ドライバーにした場合、乗客は不安で不快な思いをし、次回以降の利用をためらうでしょう。明確に意思疎通ができ、気軽に会話を楽しめる運転手のほうが、乗客にとって好印象を与えられ、リピートにつながります。

どちらを採用するかが一目瞭然であるため、面接では目を見てはっきりと話すなど、能動的なコミュニケーションが求められます。

面接を受ける際の注意点

タクシー会社の面接に臨む際の注意点は、一般の面接と大きく変わりません。ただし、接客業とみなされるため、服装や態度はしっかりと見極められます。注意点を把握しておき、面接当日にチェックしましょう。

まずは服装に気を遣うことがもっとも重要で、スーツ着用が大原則です。乗客からの印象が重要であるため、スーツを着用せずに行っただけで、不合格になるタクシー会社もあるほどなので注意が必要です。スーツの色は黒が望ましいですが、用意できない場合は、できるだけ暗めの色を選びましょう。

靴はしっかりと磨かれているものを着用するなど、服装にはきちんとした印象が求められます。また、髪形や身だしなみにも注意を払いましょう。男性は清潔感が出るようにひげをきれいに剃り、髪形を短く整えましょう。

さらに、職務経歴書と履歴書がしっかりと記載されているかもよく見られます。職務経歴は、たとえ就業期間が短い会社でもすべて記載することが重要です。内定後に前歴の書き漏れが発覚した場合は、内定取り消しなどの問題に発展する場合があります。

さらに、履歴書に貼付する写真は、スーツ姿の写真を用意し、きちんと貼り付けましょう。履歴書の志望動機欄も1行で終わらせることがないように、欄を埋めるくらいには記載するのが望ましいです。志望動機が薄いことは、そのまま会社への興味が薄いととらえられます。

以上のように、面接の準備が整ったら、いよいよ本番です。当日は遅刻厳禁です。部屋に入る際は、必ず3回ノックし、失礼しますと言ってから入室しましょう。面接官が案内するまで着席は避け、質問にははっきりとした口調で返答することが大事です。表情や声のトーンにも注意し、元気よく話すよう心がけましょう。面接最後には、企業に関する質問で熱意を伝えましょう。

これらの注意点を守りながら面接に臨むことで、自分のアピールがより効果的になり、採用の可能性を高められるはずです。

まとめ

タクシー会社の面接では、しっかりとした準備が必要です。適切な服装や身だしなみ、正確な書類の記載は基本中の基本です。面接にはコミュニケーション能力が求められます。運転経歴や事故歴、健康状態への回答をしっかりと押さえ、面接時のマナーや礼儀正しさも忘れずに心掛けましょう。これらのポイントを押さえることで、面接の準備が整います。自信を持って臨みましょう。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社