AT限定免許でもタクシー運転手になれる?

公開日: 2023/11/01
AT限定免許でもタクシー運転手になれる?

以前のタクシー業界ではMT車が多かったため、MT車が運転できないとタクシー運転手にはなれないと考えられてきました。しかし、最近ではAT車のタクシーも増えています。そこで今回の記事では、AT限定免許でもタクシー運転手になれるのかについて解説しましょう。タクシー会社への就職や転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

AT限定免許でのタクシー運転は可能?

タクシー運転手の仕事に興味がある人のなかには、AT限定の運転免許しか取得していない人や、MT車の運転に不慣れな人も多いことでしょう。以前のタクシーはMT車が主流であり、タクシー運転手はMT車を運転できるのが当然とされてきました。しかし、最近ではAT限定免許しか持っていない人や、MT車を運転できない人でもタクシー運転手として働けます。

実は、近年のタクシーではAT車が増えているのです。さらに、AT車よりもMT車のタクシーが少ないエリアもあります。ですから、AT限定免許を持っている人でも、これからタクシー運転手を目指すことは可能なのです。

タクシーにAT車の採用が増えている理由

最近のタクシーでAT車の採用が増えているのは、自動車の性能が向上したことが関係しています。ここでは、タクシー業界でAT車の採用が増えている理由について詳しく説明します。

MT車とAT車の違い

MT車とはマニュアルトランスミッション車のことであり、AT車とはオートマチックトランスミッション車のことです。自動車には、トランスミッションとよばれる変速機があります。このトランスミッションを、運転手がシフトレバーを動かして操作するのがMT車です。AT車では運転手が操作する必要がなく、トランスミッションは自動で操作されます。

MT車は運転操作がやや難しいため、MT車の免許を取得しない人も少なくありません。また、いまではMT車の販売台数は少なくなり、AT車が一般的な時代となっています。

AT車の性能向上

自動車のエンジンのパワーは、クラッチディスクという部品によってトランスミッションに伝えられています。手動でトランスミッションを操作するMT車では、自動操作のAT車に比べて、クラッチディスクにかかる負担を軽減できます。

つまり、クラッチディスクの交換時期がAT車よりも長いことから、MT車は耐久性で優れているといわれてきました。しかし、AT車の性能が上がり、クラッチディスクへの負担が軽減されています。

また、MT車は、運転手が変速操作するときに車が揺れます。しかし、AT車は運転手が変速操作する必要がありません。そのため、乗客は車の揺れを感じずに快適に乗車できます。

さらに、以前はAT車よりも、MT車の方が燃費がよいとされていました。AT車では、トルクコンバーターとよばれる変速機が動力を必要とするため、MT車よりも燃費が悪くなっていたのです。しかし、技術の進歩によってAT車の燃費も向上しました。いまでは、MT車よりもAT車の方が燃費性能で上回る場合もあるほどです。

このように、AT車の性能が向上したことによって、タクシー業界でもAT車を採用するケースが増えています。ただし、いまもMT車のタクシーが主流の地域もあります。MT車には、急発進時のスリップ防止や、タイヤの回転数を押さえられるメリットがあるからです。山道や坂道が多い地域や、冬に雪が多く降る地域では、いまでも多くのMT車が活躍しています。

AT限定免許保持者に必要なスキルとトレーニング

AT限定免許しか持っていない人でも、タクシー運転手を目指せます。ここでは、タクシー運転手になるために必要なスキルとトレーニングについて説明しましょう。

二種免許

タクシーのように乗客を乗せて車を運転するためには、二種免許が必要となります。二種免許は、旅客運転事業に必要な免許です。二種免許を取得するためには、年齢が満21歳以上であり、運転免許の一種免許を取得して3年以上経過している必要があります。

応募条件を確認

タクシーを運転するためには二種免許が必要ですが、一種免許しか持っていない人でもタクシー会社に入社できます。タクシー会社に入社してから二種免許を取得する人も多く、免許取得にかかる費用を会社が負担している場合もあります。

また、二種免許を取得させるときに、AT限定で取得させるタクシー会社もあります。ただし、タクシー会社によっては、いまでもMT車をメインとしている場合もあります。これからタクシー会社に就職しようか考えている場合は、会社が求めている免許の種類を事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

今回の記事では、タクシー運転手に必要な免許の種類やスキルについて解説しました。近年では、AT車を導入するタクシー会社も増えています。そのため、AT限定免許しか持っていない人でも、タクシーを運転できるようになりました。しかし、実際にタクシー運転手として働くためには二種免許が必要です。

日本を訪れる海外旅行客も増えており、今後もタクシー運転手として活躍できるチャンスは多いと期待できます。入社後に二種免許を取得できる場合も多いので、タクシー会社の応募条件を確認してみてください。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社