20代でタクシードライバーへ就職・転職するのがおすすめな理由

公開日: 2023/11/01
20代でタクシードライバーへ就職・転職するのがおすすめな理由

顧客を目的地まで送り届けるタクシードライバーと聞いて、60代以降のシニア層が働くイメージを持っている方も多いでしょう。しかし実はタクシードライバーは、20代の若い世代にこそ就職・転職先としておすすめです。そこで本記事では、20代でタクシードライバーへ就職・転職するのがおすすめな理由を解説します。

自己成長と経験の機会が多い

タクシードライバーは、自己成長と経験の機会が多いです。具体的に見ていきましょう。

頑張れば頑張るほど稼げる歩合制

タクシードライバーは、多くのタクシー会社で歩合制をとっています。売上に応じて給与が変わるため、頑張れば頑張るほど給与が上がっていくのです。多くの企業では、地位や勤続年数などによって給与が変わるため、20代の若いうちは思ったように給与が上がらず、モチベーションが下がってしまう方も多くいます。

しかしタクシードライバーなら、頑張った分だけ給与に反映されるため、20代でも頑張り次第で高収入を目指せるのです。また、売上を上げるために、接客やサービスに力を入れるなどして、自己成長につなげられるでしょう。

正社員として就職できる

タクシードライバーは、多くの場合正社員として就職できます。他業種の企業だと、転職回数や資格の有無、年齢などによって、正社員として就職できないことは珍しくありません。タクシードライバーは、経験や年齢に関係なく正社員になれるため、社会保険や福利厚生も受けられ、社会的信用度も高くなります。

未経験でも転職しやすい

タクシードライバーと聞くと、第二種免許やタクシードライバー経験が必要だと思う方も多いでしょう。しかし実際は、タクシードライバーは未経験でも転職しやすい職業です。多くのタクシー会社では、第二種免許取得の支援を行っており、未経験からでも十分にタクシードライバーを目指せます。

スキルを身につけてキャリアアップを目指せる

タクシードライバーとしてのスキルを身につけると、さまざまな道へのキャリアアップを目指せます。たとえば、タクシードライバーとして経験を積んだのち、内勤の運行管理者、経理職、管理職への昇格も一つの道でしょう。

また、独立して個人タクシーを運営する道もあります。個人タクシーは、収益がすべて自分のもとに入るため、より高収入を目指せるでしょう。

収入の安定性とシフトの柔軟性

タクシードライバーの収入の安定性とシフトの柔軟性も、20代におすすめの理由です。詳しく見ていきましょう。

意外と高い収入

最近は、若手のタクシードライバーを採用するため、多くのタクシー会社で新卒の給与が高く設定されています。一般的な企業の大学新卒の平均初任給は、20万円程度です。年収にすると、ボーナスを含んでも300万円弱になるでしょう。

それに対して大学新卒でタクシー会社に就職した場合、初年度の平均年収は300万円とされています。その後も平均年収はどんどん上がっていき、5年後の平均年収は600万円を超えるのです。なかなか賃金が上がらない現代、年々給与が上がっていくタクシードライバーは魅力的と言えるでしょう。

休みが取りやすい

タクシードライバーは、特殊な勤務体系で休みが取りやすいという特徴があります。多くのタクシー会社では、日勤、夜勤、隔日という3つの勤務体系をとっています。日勤は一般的なサラリーマンのように日中働き、夜勤は夜に働く勤務体系です。

そして隔日は、1日おきに出勤するスタイルで、1日の拘束時間は20時間ほどになります。朝7時に出庫し、深夜3時に帰庫するようなイメージです。1日の労働時間は長いですが、その代わり1日おきの勤務になるため、休みが多くなります。そのため、プライベートも充実させやすいでしょう。

タクシー業界の変化を第一線で体感できる

現代、20代でタクシードライバーに就職・転職すると、タクシー業界の変化を第一線で体感できます。詳しく見ていきましょう。

若い人材の採用に力を入れる企業が多い

最近は、若い人材の採用に力を入れるタクシー会社が増えてきています。現在、タクシードライバーは、50代以上や60代以上のシニア層の方が多いです。しかし、このままでいくとタクシードライバーがどんどん高齢化し、タクシー会社ごと衰退化してしまうことも免れません。そこで、若いタクシードライバーを増やすためにタクシー会社が動き出しているのです。

これまで中途採用を中心としていた人事も、新卒採用を促進し、若いタクシードライバーを徐々に増やしています。今はまだシニア層が多いタクシードライバーも、今後はどんどん若いタクシードライバーが増えていき、タクシードライバーの変化を第一線で体感できるでしょう。

まとめ

20代でタクシードライバーへ就職・転職するのがおすすめな理由を解説しました。シニア層のイメージが強いタクシードライバーの仕事は、徐々に変わってきています。若い人材を獲得するために高収入、好条件の求人を出しているタクシー会社も多く、働きやすい環境で高収入を目指しやすいでしょう。

また、20代からタクシードライバーとしての経験を積んでおくことで、この先一生役立つスキルを身につけられます。20代の若い世代でタクシードライバーに興味のある方、タクシー業界の変化を感じながら、タクシードライバーとしての経験を積んでみてはいかがでしょうか。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社