タクシードライバーに将来性はある?タクシー業界の今後の展望とは

公開日: 2023/11/01
タクシードライバーに将来性はある?タクシー業界の今後の展望とは

仕事をするうえでどんな点を重要視しますか?給料が高い、安定性がある、やりがいがある、将来性があるなど人それぞれ重要視するところがあるでしょう。しかし近年AIが発展し、システム化や自動化が進んでいるので、今ある仕事は将来的になくなってしまう可能性があります。今回はタクシードライバーに将来性はあるのか解説していきたいと思います。

タクシードライバーの将来性

世の中がめまぐるしく変化していきますが、タクシードライバーは今後生き残っていけるのでしょうか?タクシー業界やタクシードライバーに将来性がある理由について解説してきます。

自家用車を持っていない人が増えているから

公共交通網が発展している地域に住んでいる方は自家用車がなくても生活や仕事が問題なくできるため、自家用車を持っていない方が増えています。また自家用車を持っていなくてもレンタルやカーシェアリング、タクシーの利用などをうまく使っている方が増えており、自家用車は不要と考えている方は自家用車を持っていません。自家用車を持っていない方が今後も増えればタクシーのスポット的な利用が多いため、今後もタクシーの利用が見込めるといえるでしょう。

高齢の方の利用が増えるから

日本は高齢化社会が進んでおり、今後も高齢者の割合が増えていきます。高齢者は自分で車を運転するのが難しくなると電車やバス、タクシーなどの利用が増えるためタクシーの利用者の増加が今後見込めるでしょう。タクシー業界も高齢者の増加を見込んで、高齢者の見守りや安否確認サービス、買い物代行サービスなどの高齢者向けのサービスに力を入れています。

配車アプリが普及してきたから

今までタクシーに乗る場合、お客さんはタクシー乗り場に並ぶか街中でタクシーをつかまえる、電話で呼ぶなどする必要がありました。そのためタクシーをつかまえるのが面倒な方はタクシーの利用をしませんでしたが、近年配車アプリが登場しています。配車アプリで気軽にタクシーを呼べるようになったので利便性がアップしました。

また外国のアプリとの連携が進んできているので、外国人の観光客もスムーズにタクシーを呼べるようになってきておりタクシーの利便性が高まっています。

電動車両と自動運転技術の発展

AIが発展すると今ある仕事が将来なくなるといわれています。タクシードライバーにとって気になるのが、自動運転の車両に仕事を奪われてしまうのではないかということではないでしょうか。

自動運転の見通しはまだ立っていない

車の自動運転は研究や実験が行われていますが、海外では自動運転で死亡事故が起こるなど問題があります。そのため近年の車の自動運転は完全な自動化ではなく、ドライバーの運転をサポートし安全運転ができるようなサポート技術の研究にシフトしています。そのため、すぐタクシードライバーの仕事がなくなるということはないでしょう。

AIや自動運転ではカバーしきれないところがある

タクシードライバーはただお客さんを指定の場所に運ぶだけが仕事ではありません。観光地ではお客さんにおすすめの観光地や食事処を紹介したり、急いでいるお客さんの場合は道路の混雑具合を考えて最短で目的地にたどり着けるルートを考えたり、高齢者の方の乗り降りをサポートしたりなど、お客さんとコミュニケーションを取りながら要望にそった仕事をする必要があります。

そのため、AIや自動運転が発展してもタクシードライバーが不要になるといったことはしばらくないといってよいでしょう。

タクシードライバーの今後の展望

今後もタクシードライバーとして働き続けるためにはどのような展望を持てばよいのでしょうか。AI化や自動化に負けないようなスキルが必要になるでしょう。

地理や地域性を身につける

今後タクシーの自動化が進んだとしても、日本は道が狭い、通学路などの交通ルールが複雑な部分があるので、すべての仕事が自動運転に変わるのは難しいでしょう。そのため自動運転では対応できないような最短ルートの研究や坂道、狭い道での運転技術を磨くなど自動運転に負けないスキルを身につけておくのがおすすめです。

コミュニケーションスキルを高める

観光地で観光客に案内をする、マタニティタクシーで妊婦さんや子連れのお客さんのサポートをする、高齢者や体の不自由な方のサポートをするなどといった、きめこまやかなサービスは近年のAIには対応が難しいでしょう。お客さんへの思いやりや気づかいといったスキルを磨き、タクシー業界で生き残れるよう努力しましょう。

お客さんの満足度が高ければそこから指名が入ることもあり、仕事につながる可能性もあります。自分にしかできない武器を身につけておくことが大切です。

まとめ

近年AI化やシステム化が進んでいます。便利な世の中になるのはよいことですが、当たり前にあった職業が今後AIにとって代わられる可能性があるので、今後も同じように仕事があるとは限りません。そのため今後もタクシー業界で生き残るには自分の武器を身につけておく必要があるでしょう。

すぐにはタクシーの自動運転は進まないと考えられますが、自動化が進んでも仕事を取られないようスキルを磨いておきましょう。AIにはできないような経験からくる地理の知識の活用、お客さんへの気配りやコミュニケーションなどでAIや自動運転に負けないタクシードライバーになりましょう。

タクシードライバーへの
転職・就職を検討しているなら…

  • 寮完備!地方在住者もOK
  • 給与保証、入社祝い金あり
  • 2種免許取得費用全額会社負担
  • 大手日本交通グループ加盟

タクシードライバー関連コラム

【墨田区】就職・転職に
おすすめのタクシー会社比較表

イメージ
会社名ミツワ交通マコト交通本所タクシー冨士自動車八千代自動車
特徴活力溢れる若手が活躍しているミツワ交通。新たなキャリアアップが図れる。
創立以来、一貫してタクシー業を営んでいるマコト交通。
創業72年の老舗タクシー会社。定着率が自慢の会社で安心して働ける。
大正12年創業の歴史あるタクシー会社。確かな信頼と実績で安心して働ける。
創業73年の歴史を持つタクシー会社。研修制度が充実しているのも安心。
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】若手が稼ぎやすく働きやすい会社